[ドライフラワー]ナンキンハゼ(ショート)
[ドライフラワー]ナンキンハゼ(ショート)
[ドライフラワー]ナンキンハゼ(ショート)
[ドライフラワー]ナンキンハゼ(ショート)
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, [ドライフラワー]ナンキンハゼ(ショート)
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, [ドライフラワー]ナンキンハゼ(ショート)
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, [ドライフラワー]ナンキンハゼ(ショート)
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, [ドライフラワー]ナンキンハゼ(ショート)

[ドライフラワー]ナンキンハゼ(ショート)

通常価格
¥858
販売価格
¥858
通常価格
売り切れ
単価
あたり 
税込 配送料は購入手続き時に計算されます。
¥5,500(税込)以上のご購入で送料無料

LINE友だち登録10%OFF LINE友だち登録10%OFF

ナンキンハゼについて

サイズ 10-20cm 1束
別名 トウハゼ,カンテラギ
原産地 中国,東南アジア
花材の特徴 コロンと可愛らしい白い種子が特徴的
枝に雪が積もっているようにも見える
取り扱いの注意点 実が取れやすいので、丁寧に扱う
オススメの組み合わせ コットンフラワー/ユーカリ/ハイカズラ
ホワイトベースでまとめると◎
花言葉 真心/心が通じる

ナンキンハゼはトウダイグサ科ナンキンハゼ属の落葉樹林です。花は5-6月に開花し、秋には美しく紅葉します。
できはじめの実は黒い殻に覆われていますが、寒くなるにつれて殻が割れ、中から白く可愛らしいポップコーンのような種子が見られます。
ナンキンハゼは中国原産で、タネから蝋(ろう)が採れるため、中国では古くからロウソクや髪油の原料として植えられていたそうです。
種小名であるセビフェラ(sebifera)は「脂肪のある」の意味を持っていて、タネの蝋質に由来していると言われています。
ナンキンハゼは暖地でも紅葉し、四季折々に見せる魅力的な姿から街路樹や庭園樹として広く植えられています。

ナンキンハゼの由来

南京(ナンキン)とは、中国から渡ってきたものを指しています。
また、ハゼノキのように紅葉が美しいことから、ナンキンハゼと呼ばれるようになりました。
ウルシ科のハゼとは別もので、樹液に触れてもかぶれることはありません。
種小名のセビフェラは「脂肪のある」の意味を持ち、タネの蝋質に由来するのではないかと言われています。

ナンキンハゼの花言葉

ナンキンハゼの花言葉は、「真心」や「心が通じる」です。
葉っぱの形がハート型をしていることや、葉黄色から赤色に美しく紅葉していく姿からつけられたという説があります。

ナンキンハゼの木

どんな土壌でも育ち、剪定にも強いとあって街路樹として使われることが多いです。
とにかく成長が早く、横に広がるため、地植えはスペースに余裕を持って植える必要があるため、鉢植えには向いていません。
ナンキンハゼは初夏には黄色い花を咲かせ、秋には美しい紅葉、冬には風変わりな白い実…と、1年中楽しませてくれる樹木です。

ナンキンハゼのアレンジ

ナンキンハゼの白い実は、ハンドメイドの材料としても人気が高く、クリスマスリースなどにもよく使われています。
単品で小さな小瓶に入れて部屋に飾るだけでも、シャビーな雰囲気に。
白い実をアクセントとしたアレンジや、ホワイトベースに美しく仕上げるのもおすすめです。