[作り方レシピ] ミモザのリースの作り方

ミモザのリースの作り方

ドライフラワーのミモザを贅沢に使ったリースです。シンプルに、人気のミモザをたっぷりと使いました、お花がぎゅっと詰まった印象の既にドライになっているミモザでお作りしますので、しっかりとミモザのイエローをお楽しみいただけるリースとなりました。壁にかけていただくことはもちろん、机や棚の上に置いても素敵に飾っていただけます。
*ミモザは散りやすいのでお取り扱いには十分ご注意ください。

材料を見る 作り方の手順を見る



材料の準備

道具

  1. 剪定バサミ
  2. リース Mサイズ
  3. テーピングワイヤー 10本

作り方の手順

1. テーピングワイヤーを半分にカットします。

2. リースに壁に掛ける為のテーピングワイヤーを取り付けます。リースにねじり止め、端をクロスさせるようにして輪っかを作ります。最後にワイヤーをつけると目立ってしまう場合があるので、最初につけるのがおすすめです。

3. ミモザを10〜12cm程度にカットします。

4. 小さな花束を作るイメージで、3~5本をまとめてワイヤーでねじり留めます。茎を1.5~2cmほど残してカットします。20〜25個ほどのパーツを作ります。

5. パーツを取り付けていきます。ワイヤーをしっかりとねじって固定しましょう。ねじった最後にくるくるとワイヤーをまわすとしっかりと締まります。

6. 横から見たときもリースの土台が覗かないように。サイドにもパーツを取り付けます。

7. 枝先を持ち上げて最後のパーツを下に入れ込み、完成です!

コメントを残す

コメントは表示される前に承認される必要があります。