スワッグとは?はじめてさんの基本

スワッグ

スワッグとは、ドイツ語で「壁飾り」を意味します。

スワッグの素材として使われるお花や植物は、ドライフラワー、プリザーブドフラワー、アーティフィシャルフラワーなどが多いのですが、近ごろでは自分でお花や材料を選び、束ねていくスワッグ作りの過程を楽しみたいという女性も増えてきました。

スワッグは、リースと同じように、壁やドアなどに飾るオシャレなインテリアなのですが、リースとは違って、ブーケや花束のようなかたちをしていますので、大切な人への贈り物やお祝いのギフトにもピッタリなアイテムです。

とっても古いスワッグの歴史

ヨーロッパでは、古くからクリスマスの定番飾り「リース」と共に、魔除け・幸福を呼ぶアイテムとして、暖炉や窓辺に飾るアレンジメントとして親しまれてきました。
けれど、スワッグがいつ頃からクリスマスの飾りとして親しまれるようになったのか、その歴史については意外と知られていません。

そこで、スワッグがクリスマス飾りとして定着した歴史について、ご紹介します。

スワッグの歴史は、なんと紀元前から始まった!

ガーランド

ドライフラワーを花束やブーケのようなかたちに束ねたボタニカルアレンジメント「スワッグ」は、ドイツ語で「壁飾り」を意味する「swag」のことであり、日本でもドイツ発祥のアレンジメントスタイルとして、広く知られています。
古代エジプトの時代には、お花や常緑樹の葉っぱを使ったガーランドやリース、サークレット、フェスツーンといった、スワッグによく似ているボタニカルアレンジメントが、死者を埋葬するときに手向けられていたそうです。

そのため、スワッグがドイツ発祥というのは、あくまで有力な説のひとつであり、詳しい歴史は未だ解明されていません。

ヨーロッパ地方に伝わるスワッグのアレコレ

日本で女性を中心に人気を集めているスワッグは、ブーケや花束のようなデザインをしたドライフラワーのおしゃれな壁飾りやタペストリーのことを指しますが、なんとイギリスでは、「スワッグ」ではなく「ハンギング・バンチ」や「スプレイ」と呼ばれていた時期もあったそうです。

ただ、言葉は時代と共に変化してゆくため、現在ではイギリスでも「スワッグ」と呼ばれ、リースと共にクリスマスを彩る飾りとして親しまれています。

クリスマス飾りの定番となったスワッグ

クリスマス

“森の国”と呼ばれるドイツでは、キリスト教以前から樹木信仰があり、冬至の日、おうちのなかに悪霊が入ってくるのを防ぎ、生命力に満ちた太陽の日差しを呼び込むため、常緑樹の小枝を戸口に吊るす習慣がありました。

この習慣が、いつしか“キリストの祝祭日に常緑樹の小枝を束ねておうちに飾ることは神聖なことである”となり、世界中に広まっていったそうです。

“初めてスワッグがクリスマス飾りとして飾られたときは、マツの葉と実を赤いリボンで束ねただけのシンプルな飾りだったのですが、時代の流れと共に、多様な花装飾の良いところを取り入れながら、エレガントで華やかなスワッグへと進化しました。

これから先も進化を続けるスワッグ

スワッグの歴史に触れることで、飾ることの意味や込められた思い、願いを知ることができます。
これまで、単なるお部屋を彩るタペストリータイプのドライフラワーアレンジメントとして見ていた女性も、これをきっかけにスワッグを壁やドアに飾るときは、意味や思いなどを考えて飾ってみてはいかがでしょうか。

初心者さん向け、スワッグに適したお花や植物の見分け方とは?

スワッグづくり

初めてスワッグを作る方にとっては、どんなお種類の花や植物がスワッグ作りに適しているか、違いを見分けるのは難しかと思います。

そこで今回は、これから自分で手作りに挑戦したい!というスワッグ入門者に知ってほしい、スワッグ作りに適した植物と適さない植物をご紹介します。*/ ?>

スワッグに理想なのは、ドライフラワーとして長く楽しめるもの

花を乾かす

スワッグには、一般的にフレッシュな生花とドライフラワーの両方が使われますが、生花の場合、時間と共に水分が抜けてくると、束ねた直後よりもお花のボリュームも減り、アレンジメントのバランス崩れや結び目が緩んだりと、再度束ね直しが必要な場合も出てきます。

土と風の植物園では初心者でもすぐにスワッグを手軽に長く楽めるように、その心配のないドライフラワーを使ったスワッグを提案しています。

はじめに揃えるスワッグに適したドライフラワーの代表とは?

ユーカリ

ユーカリ

ドライフラワーの中でもその使い勝手の良さから、定番としてスワッグに使われるのがユーカリ。
アロマオイルとしても人気のユーカリには、500以上の種類が存在すると言われ、中でも丸葉ユーカリやポポラス、ベイビーブルーなどが一般的に日本で多く流通されています。

癒し効果の高いフレッシュな香りと、優しいグリーンが特徴で、どの花材とアレンジしても相性が良いためスワッグとしても一番人気の花材です。

ブルーファンタジア

別名「ブルファン」としても知られるブルーファンタジアは、繊細な茎と紫色の小花が特徴です。
かすみ草のようなボリュームと優しい色合いは、束ねてみたけれと少し何か物足りないな、という時に大活躍してくれるお花。

ユーカリ同様に扱いやすく、またどんな花材ともアレンジしやすいため、初心者さんでも使いやすいオススメのお花です。

スターチス

スターチス

スターチスは、ドライになっても色が褪せにくいとてもカラフルなお花。
色の種類も豊富で、可愛いらしい見た目と、手頃な価格も魅力的な花材です。

スワッグに華やかさが欲しい、という時にとても使い勝手の良いスターチス。お花が小さめの宿根スターチスを使えば、また少し違った印象に。

今回ご紹介した、ユーカリやブルファン、スターチスを使ったスターターキットはこちら

スワッグ作りの基本の流れ

はじめに揃える基本の材料と道具

花材1. ユーカリ グアムナッツ
2. ユーカリ 丸葉
3. ユーカリ ポポラス
4. ユーカリ ベイビーブルー

道具

1.剪定バサミ
2.麻紐
3.好きなリボン又は紐

*種類は時期によって変わる場合がございます。

スワッグの作り方と手順

手順1.【下処理】
完成形をイメージし、短くなりすぎないように注意しながら、長さやボリュームを調節するようにカットします。
枝分かれ部分で切り分けると効率が良くきれいです。

手順2.【下処理】
束ねる際に手で持つあたりまでの葉や小枝を取り除きます。
なるべく茎がデコボコしないように処理します。

手順3.【束ねる】
全体のシルエットをとらえるように、軸になるような硬くて長い茎の花材から束ねます。
手で持つ位置は必ず固定させて。
形を崩さず作っていきます。

手順4.【束ねる】
他の花材を重ねていきます。
それぞれ綺麗に見える向きや配置を考えながら束ねます

手順5.【束ねる】
残りの短い花材も束ねていきます。
結束部分がさみしくならないように短めの花材でボリュームを出すと◎。

手順6.【仕上げ】
麻ひもで手で持っていたところを固結びします。
位置がずれないように注意。
茎が折れないようにしっかりと締めるのが特徴です。

手順7.【仕上げ】
手元の茎を切り揃えます。

手順8【仕上げ】
最後に好きなリボンや紐を結び、完成です!

ドライフラワーとスワッグの楽しみ方

お部屋に飾る楽しみ方

 

部屋に飾る

スワッグの飾り方は、お部屋の壁や玄関などのドアに吊るして飾るのが定番となっていますが、アイディア次第で、お花のある暮らしをより充実させることができます。

スワッグの飾り方には正解がありません。
飾り方事例を参考に、自分らしいスワッグの飾り方を見つけて、ドライフラワーのある日常を思いっきり楽しんでみませんか。

ドライフラワーは、手軽にリビングや玄関のインテリアにグリーンを取り入れたい女性にピッタリなアイテムです。
しかし、ドライフラワーはフラワーアレンジメント素材のひとつのため、スワッグ・花瓶・リースのほかに、どのような飾り方があるのか、どのお部屋にどんなアレンジメントを飾ったらいいのか、なかなか思い浮かばない女性もたくさんいます。

そこで、もっとドライフラワーが好きになるお部屋別、おすすめのドライフラワーの飾り方をご紹介します。

風通しの良いお部屋にピッタリな飾り方

ユーカリ

窓のある風通しの良いキッチンなどには、ラベンダーやタイムなどのハーブで作られたドライフラワーを飾ると、お部屋に入っている風に乗って、ハーブの良い香りがお部屋のなかを満たしてくれます。

一方でリビングの窓際にさまざまな種類のお花や植物で作ったスワッグをガーランド風に飾ったり、組み合わせた木にドライフラワーを吊り下げたりと、さまざまな飾り方がありますので、お部屋のインテリアや家具のデザインや色に合わせて、どのようなスタイルで飾るのかを考えるのが、とっても楽しくなります。

ドライフラワーを飾って、ワンランク上のオシャレが玄関に

“おうちの顔”とも呼ばれる玄関。

ドアにナチュラルなスワッグを飾ったり、花瓶に挿したりする飾り方も素敵ですが、ワイヤーツリーにドライフラワーを飾り付けたフラワーツリー、おしゃれな器にドライフラワーを入れたアレンジメントなどを飾って、ワンランク上のおしゃれな玄関に見せるのはいかがでしょうか。

もっと個性的でおしゃれな玄関に見せたいときは、コートかけやハンガーにドライフラワーを吊るすのもおすすめのアイディアです。

おうちにあるものを使って、リビングに華やかさをプラス

お花を飾る

家族が集まるリビングには、おうちにあるものを使ってドライフラワーを飾ってみませんか。

たとえば、使わなくなったタルト型にミニチュア家具を置いて、ちょこっとだけドライフラワーを飾った小物インテリアにしてみたり、果物を入れていたカゴのなかいっぱいにドライフラワーを詰め込んでみたり、ビンテージボトルやメイソンジャーにドライフラワーを数本挿してみたり。

キッチンにある小物も、ドライフラワーを挿しておしゃれに飾り付ければ、リビングにピッタリな壁飾りに早変わり!

一年を通して変わる旬の花材で季節を楽しむ

ドライフラワー

一年を通して常に変わる旬の花材、スワッグに取り入れて飾ることで、四季を彩る季節の変化をより身近に感じることが出来ます。また、クリスマスやお正月、新生活のお祝いや母の日などのイベント行事にも取り入れられる季節の植物。

その時期ならではの花材や色合いのドライフラワーやスワッグを飾り、一年の大切な節目に少し目を向けた暮らしをしてみませんか。

ドライフラワーでも香りを楽しめる植物も

ラベンダー

ドライフラワーになっても種類によっては生花のように香りを楽しめる花や植物がたくさんあります。
例えばユーカリ、アロマオイルにも使われるほど香り豊かなユーカリは特に香りの持続性も高いため、お部屋に飾っても長い間すっきりとした香りが続きます。

この他にも王道のラベンダーやバラ、そしてローズマリーのようなハーブ系、そしてドライオレンジやシナモンスティックなどのフルーツやスパイスもドライになっても香りを楽しめます。

ドライフラワーのある暮らしを楽しもう♪

ドライフラワーは、自分で手作りすることもできますが、お花屋さんはもちろん、ドライフラワー専門ショップでは様々な種類を気軽に手に入れることができます。

自分好みのドライフラワーを見つけたら、自分らしいアレンジメントで、お部屋を鮮やかに彩ってみませんか。