[作り方レシピ] アレカヤシ・ブルニア・ユーカリを使ったスワッグ<冴えた音色>の作り方

アレカヤシ・ブルニア・ユーカリを使ったスワッグ<冴えた音色>の作り方

いろんなグリーンをミックスしてお作りした、縦長のスワッグです。
<冴えた音色>の由来は、スワッグが楽譜のように見えたことから。たくさんの植物が音符となって奏でられたイメージです。
ウエディングのウェルカムスペースやダイニングテーブルなど、置いて飾っていただくのもおすすめです。

材料を見る 作り方の手順を見る



材料の準備

花材

  1. アレカヤシ 1束
  2. ブルニア スプレー 2束
  3. ユーカリ グニー 1束
  4. ヒカゲ立ちカズラ 10束
  5. エミューファン 1束
  6. グレビレア アイバンホー 1束

道具

  1. 剪定バサミ
  2. テーピングワイヤー 8本

作り方の手順

1. 花材の下処理から始めます。枝分かれ部分を切り分け、長さやボリュームを調整します。今回は小さなスワッグを重ねてお作りするイメージ。少し短めにカットしていきます。
アレカヤシは、1本が2~3パーツになるよう切り分けます。ブルニアは、房をわけるようにカットします。グレビレアは、葉が少ないところがなるべく持ち手部分になるように切り分けます。エミューファンは、枝分かれ部分で切り分けます。ユーカリグニーも、枝分かれ部分で。なるべくそれぞれの長さを活かすようにカットします。

2. 束ねていきます。スワッグの先端から束ねていきます。全体が均等に、立体的になるように形作っていきます。手の大きさほどの小さなスワッグになるまで束ねられたら、ひとまずワイヤーで固定させます。二重ほどきつく巻いてねじります。最後にくるくるとねじるとしっかり締まります。ワイヤーをカットし先端は内側に入れ込みます。

3. 手で持つ位置を下へずらし、同様に束ねていきます。ある程度束ねることが出来たり、茎が外れてしまうタイミングでワイヤーで固定させます。

4. なるべく均等に花材を使っていきましょう。花材がなくなるまで、この工程をひたすら続けます。

5. 最後はワイヤーの端を輪にして、吊り下げるためのループを作ります。余分な茎をカットして完成です!


コメントを残す

コメントは表示される前に承認される必要があります。

あと5,500円の購入で送料無料!