定期便でお届けしたドライフラワーを紹介します|2021.03.15-04.14ご注文分

いつも土と風の植物園をご愛顧いただきまして誠にありがとうございます。

季節のドライフラワー定期便、お受け取りいただきました皆さま、誠にありがとうございました。
春の芽吹きや豊かな大地が感じられるようなセットに。

ドライフラワー定期便

今回はお花のご紹介と、わたしがフラワーベースへ飾っているところの動画、そしてアクセサリーとしての愉しみ方をご紹介です。

それでは、お花のご紹介。
向かって左から。

アヤメの実
・向かって左:アヤメの実/右:花オクラ
どちらかおひとつが入るようにご用意させていただきました。
「アヤメ」は紫色の花を咲かせる初夏を代表するお花。
その実のドライフラワーをセットにしました。
ひとつ豆知識ですが、似ている「ショウブ」も、「アヤメ」も実は感じにすると「菖蒲」だそうです。

もう一方は「花オクラ」。
実は夏によくいただく「オクラ」とは全く別の植物。
実を食べることはなく、花が食用とされています。
茎に産毛が生えていてちくちく痛く感じられる方もいらっしゃるかもしれません。
ご注意ください。

千日紅ファイヤーワークス

・千日紅ファイヤーワークス
その名の通り、花火のように弾けたようなシルエットがユニークな千日紅。
先端の黄色い部分も火花が散ったように見えますね。

・宿根スターチス
ドライフラワーで定番のお花、スターチス。
長野県諏訪地方ではこの宿根タイプを「サマーチェリー」と呼ばれます。

・オーストラリアンデージー
一般的なデージーとは異なり、この他にも名の一部に「デージー」とつけられた販売されているお花はたくさんありますが、全く違う品種のもの。
今回は、このグリーンもしくはイエローに染められたものを仕入れ、セットにさせていただきました。
(もともとは真っ白なお色です)

リスの尾

・リスの尾
リスのしっぽのような見た目からこの名がつきました。
(動物が名前の由来となっているものに惹かれてしまいます)
穂の先がパープルがかっていて、風に揺れる姿はとってもかわいらしい。
穂先を引っ張ると取れてしまうことがあるのでご注意を。
別名は「タータンムギ」「ホソノゲムギ」と呼ばれます。


ドライフラワー定期便

ドライフラワー定期便

それでは次に生け方。
今回は動画を撮ってみました!
何気なくやっていることや、言葉と画像だけでは難しいところが伝わると良いな…
是非ご覧ください。


お花を生けたフラワーベースはこちら。

フラワーベース

ケーキドームみたいな、なかなか見ないぽってりシルエットでお気に入り。


そして今回はこちら。
コサージュを作ってみました。
実は今回も先日から定期便をお作りいただいている、障がい者就労継続支援事業所[ピースグループ]の利用者さまのアイディア。
(とっても心強い…!)
花束のように小さく束ねたものにリボンを結んで。

コサージュ

今月~来月は卒業やご入学のシーズン。
手作りのコサージュで迎えるのも素敵ですね。
ただ、ドライフラワーは繊細なものが多いため、お取り扱いや身に着けてらっしゃるときは少しご注意ください。


◇定期便のお申し込みはこちらから

コメントを残す

コメントは表示される前に承認される必要があります。

あと5,500円の購入で送料無料!