[作り方レシピ] 紫陽花とユーカリのリースの作り方

紫陽花とユーカリのリースの作り方

グリーンと細葉のユーカリで作ったリースです。
紫陽花から細葉のユーカリがところどころ覗くようにお作りしました。輪になったリースは、終わりのない形で「永遠」の意味を持っています。この先ずっと家族みんなが無事に家に帰ってきますように。そんな願いもこめられています。新築のお祝いにもおすすめです。

材料を見る 作り方の手順を見る



材料の準備

花材

  1. 紫陽花 オパールクラシックグリーン 1本
  2. ユーカリ ニコリ 1束 *季節によって種類が変わる場合があります

道具

  1. 剪定バサミ
  2. リース Mサイズ 1個
  3. テーピングワイヤー 15本

作り方の手順

1. テーピングワイヤーを半分にカットします。

2. リースに壁に掛ける為のテーピングワイヤーを取り付けます。リースにねじり止め、端をクロスさせるようにして輪っかを作ります。ワイヤーは最後に付けづらいので、最初に付けるのがおすすめです。

3. ユーカリは紫陽花の間からのぞくよう、10cm程度にカットします。ドライのユーカリは折れやすいので、ワイヤーで折れない茎を作るようなイメージでワイヤーを巻き付けます。余分なユーカリの茎はカットします。5~6個のパーツを作ります。

4. 紫陽花の枝分かれ部分をカットします。

5. 小さな花束を作るイメージでパーツを作ります。ユーカリと紫陽花を組み合わせたものや、紫陽花のみのものがあっても良いでしょう。すっぽりと抜けてしまわないように、ワイヤーでしっかりとねじり留めます。
ユーカリはねじり止める部分が先ほど伸ばしたワイヤーの部分だと折れることなくリースに取り付けることができます。また、ユーカリの葉の動きも出しやすくなります。茎は1cmほど残してカットします。

6. パーツを取り付けていきます。途中でパーツが足りない、ということにならないようにパーツの間隔を確認します。ワイヤーをしっかりとねじって固定します。なるべくしっかりと固定できるようにリースのツルが多くあるところは、ツルの間を通すのが良いでしょう。
ユーカリと紫陽花のバランスを見ながら取り付けていきます。ねじった最後にくるくるとワイヤーをまわすとしっかりと締まります。ワイヤーをカットします。カットした先端を内側に折り込むと安全です。

7. 隙間が出来ていないか確認し埋めるようにパーツを取り付けます。完成です!


コメントを残す

コメントは表示される前に承認される必要があります。