[作り方レシピ] 松と稲穂のお正月スワッグの作り方

松と稲穂のお正月スワッグの作り方

成長し続ける一年になるよう想いをこめた、根引松のお正月飾りです。わざと「根」を見える状態で残した「根引松」。お正月の松飾りとして使われることが多く、地に足がつくように、成長し続けるようにという願いが込められています。そんな根引松と実り多い年になるよう稲穂を合わせました。

材料を見る 作り方の手順を見る



材料の準備

花材

  1. 根引き松
  2. 稲穂
  3. ナンキンハゼ

道具

  1. 剪定バサミ
  2. 水引(ホワイト)
  3. テーピングワイヤー
  4. シーチング(キナリ)

作り方の手順

1. 花材の下処理から始めます。作業しやすいよう長い花材はカットします。モミの部分を目立たせるため稲穂の葉を取り除きます。

2. ナンキンハゼの見栄えが悪いところは間引きます。

3. 束ねていきます。松、稲穂、ナンキンハゼの順に重ねます。

4. テーピンワイヤーをしっかりとねじって固定しましょう。ねじった最後にくるくるとまわすとしっかりと締まります。

5. 根引き松は残して、手元をカットします。

6. リボンを結び最後に水引きで仕上げたら完成です!優しくしごくとなめらかなカーブが生まれます。飾る際にはワイヤーでしっかりと固定させてくださいね。

コメントを残す

コメントは表示される前に承認される必要があります。

あと5,500円の購入で送料無料!