商品情報にスキップ
1

土と風の植物園

※今季完売※<PLAY NATURE>紫陽花・野ばらの実・ユーカリのリース

自然に息づく美しく不思議な生物たちが戯れ合い、楽しんでいるかのよう。 紫陽花やユーカリ、色づく前の野ばらでお作りしたリースです。
ぴょこぴょこ飛び出るグリーンが目を楽しませてくれます。

通常価格 ¥9,500 JPY
通常価格 セール価格 ¥9,500 JPY
セール 売り切れ
税込み。 配送料は決済時に計算されます。

自然に息づく美しく不思議な生物たちが戯れ合い、楽しんでいるかのよう。 紫陽花やユーカリ、色づく前の野ばらでお作りしたリースです。
ぴょこぴょこ飛び出るグリーンが目を楽しませてくれます。

スタイル
ラッピング

紫陽花にユニークな蕾や果実をあしらったリースです

紫陽花のリース

いびつなシルエットが愛らしい。

ユニークなユーカリの実や蕾、色付く前の野ばらの実がポイント。
ところどころ、ぴょこんと顔を覗かせるレモンリーフで、ちょっとお茶目に。

紫陽花は小さな花びらが可愛らしいアナベルと、ヴィンテージカラーが印象的なブルーグリーン系のものを組み合わせたリースです。

直径はおよそ25cmほど。

秋色紫陽花のリース

自然の造形は美しく、神秘的。
ひとつひとつが生き生きと、そして戯れ合いながら、景色を作り出します。
そんなイメージを膨らませながらお作りしました。

リースとは?

花や葉などで作られた「輪」です。
主に室内の壁やドアに飾られます。
「輪」の終わりのない形は「永遠」の願いや意味が持ち合わせされています。

この先ずっと、家族みんなが無事に家に帰ってきますように。
そんな願いもこめられています。
新築のお祝いにもおすすめです。

ドアに飾りたい方はリースフックを使うのがおすすめ

リースは壁に飾る方が多いかもしれませんが、ドアに飾ってもお部屋の雰囲気がぱっと変わって華やかになりますよね。
そんな時に重宝するのがリースフック

リースフック

ドアを傷つけることなくリースをお飾りいただけます。
扉を開けるたびに嬉しい気持ちになれそうです。


今すぐ飾りたい方は完成品がおすすめ

秋色紫陽花のリース

ドライフラワーは好きだけど作るのは苦手だな、忙しいから時間が取れないな、という方におすすめです。

ギフト用ラッピング

完成品スワッグ

「大切な人に贈りたい」という方は、「ラッピング有」をご選択ください。
スワッグを引き立てる色味のペーパーとセロハンでお包みしてお届けいたします。

動画を見ながら作れるキットもご用意

届いてすぐにお作りいただけるよう、リースベースとワイヤー付き。 初めてでも気軽にドライフラワーのリース作りをお楽しみいただけます。
こちらの動画を参考にお試しください。

手作りキットの内容

ギフト用ラッピング資材

完成品スワッグ

「ご自身で作ったスワッグをギフトとして贈りたい」という方は、「ラッピング有」をご選択ください。
ラッピングに使用できる相性の良いカラーのペーパーとセロハンを一緒にお届けいたします。

折りたたみ可能なコンテンツ

配送について

通常土日祝日を除く3営業日以内の発送を心がけています。
ギフトなどでお急ぎの場合は別途ご連絡ください。

送料について

定期便は送料無料。
7,000円以上のご購入で送料無料。
4,000円以上のご購入で送料半額。
4000円未満の場合は、本州・四国・九州は送料800円。北海道・沖縄県は送料1,800円。

ご注意点

ひとつひとつ個体差のある、天然のドライフラワーです。
ドライフラワーは自然なもののため個体差があります。
季節によって仕入れ価格が異なるため、時期によって販売価格が異なります。
システムの都合上販売時差により売り違いが発生し、ご注文いただいてもお送り出来ない場合があります。
その際は別途ご連絡させていただきます。

  • ひとつひとつ個体差のある、天然のドライフラワーです

    ひとつひとつ個体差のある、天然のドライフラワーです。
    ドライフラワーは自然なもののため個体差があります。
    季節によって仕入れ価格が異なるため、時期によって販売価格が異なります。
    システムの都合上販売時差により売り違いが発生し、ご注文いただいてもお送り出来ない場合があります。
    その際は別途ご連絡させていただきます。

  • 定期便は送料無料

  • その他は7,000円以上のご購入で送料無料

    本州・四国・九州は送料800円。北海道・沖縄県は送料1,800円。

    4,000円(税込)以上のご購入で送料半額。

    7,000円(税込)以上のご購入で送料無料。

“水分を抜く”ことによって生まれる新たな色の世界

アトリエに溢れる、何百、何千という色彩。美しい色合いのドライフラワーを生み出すための秘密のこだわりとは?

詳しく読む