商品情報にスキップ
1

土と風の植物園

【父の日限定】子どもと作る、父の日の工作キット<ひまわりのカード>

「お父さん、いつもありがとう」
子どもからの贈りものは、お父さんにとっての宝物。
年少から年長のお子さん、小学校低学年のお子さんでも手作りできるキットをご用意しました。
台紙にひまわりを挿して、イラストやメッセージを書くと、オリジナルのメッセージカードが完成します。
子どもと一緒に夫への感謝を伝えたいお母さんにもぴったりです。

通常価格 ¥1,500 JPY
通常価格 セール価格 ¥1,500 JPY
セール 売り切れ
税込み。 配送料は決済時に計算されます。

「お父さん、いつもありがとう」
子どもからの贈りものは、お父さんにとっての宝物。
年少から年長のお子さん、小学校低学年のお子さんでも手作りできるキットをご用意しました。
台紙にひまわりを挿して、イラストやメッセージを書くと、オリジナルのメッセージカードが完成します。
子どもと一緒に夫への感謝を伝えたいお母さんにもぴったりです。

わが子の手作りギフトでお父さんを笑顔に

父の日キット

わが子からの手作りの贈りものは、お父さんにとって大切な宝物。
忘れられない父の日を演出するお手伝いができたらと、このキットをご用意しました。

台紙にドライボタニカルを挿してイラストやメッセージを書くと、オリジナルのメッセージカードが完成します。
年少・年中・年長さん、小学校低学年のお子さんも手作りできますよ。

父の日キット

お父さんに贈るドライボタニカルは、ひまわりを選びました。
見るだけで元気が湧いてくる太陽の色。

頑張って作ってくれたんだなって、その姿を想像するだけでも嬉しくなる。
「明日からも頑張ろう」って思わせてくれるから、子どもの力ってすごい。

子どもと一緒に妻への感謝を伝えたいお母さんにもぴったりです。
この後、材料や作り方を詳しくご紹介しますので、お子さんが作る時の声かけの参考にしてくださいね。

材料と作り方

材料

  1. ひまわり 2輪(長さ約25㎝) 
  2. 台紙 1枚(縦25㎝×横12㎝)
  3. マスキングテープ
  4. クレヨン・ペンなど好きな筆記用具
父の日キット

作り方 *画像は一部イメージです

1. 台紙にお絵かきしよう

母の日キット

台紙には、フラワーベース(花びん)のイラストが書いてあります。
このイラストに色を塗ったり、まわりに絵を描いたりして、かわいくしちゃおう。
メッセージも書くと、きっとお父さんも喜ぶよ。

2. 台紙にお花を挿して飾ろう

母の日キット

台紙に空いている穴にお花を挿してみよう!
折れないように、優しくね。

3. マスキングテープでお花を固定しよう

母の日キット

気になる人は、台紙の裏からお花の茎にマスキングテープを貼ろう。
お花が動かなくなって、折れにくくなるよ。
最後の仕上げに、もうちょっと色塗りもしておこう。

4. 完成!お父さんに渡そう

父の日キット

上手にできたかな?
「いつもありがとう」って、お父さんへの気持ちも一緒に伝えてね。

折りたたみ可能なコンテンツ

配送について

通常土日祝日を除く3営業日以内の発送を心がけています。
ギフトなどでお急ぎの場合は別途ご連絡ください。

送料について

定期便は送料無料。
7,000円以上のご購入で送料無料。
4,000円以上のご購入で送料半額。
4000円未満の場合は、本州・四国・九州は送料800円。北海道・沖縄県は送料1,800円。

ご注意点

ひとつひとつ個体差のある、天然のドライフラワーです。
ドライフラワーは自然なもののため個体差があります。
季節によって仕入れ価格が異なるため、時期によって販売価格が異なります。
システムの都合上販売時差により売り違いが発生し、ご注文いただいてもお送り出来ない場合があります。
その際は別途ご連絡させていただきます。

  • ひとつひとつ個体差のある、天然のドライフラワーです

    ひとつひとつ個体差のある、天然のドライフラワーです。
    ドライフラワーは自然なもののため個体差があります。
    季節によって仕入れ価格が異なるため、時期によって販売価格が異なります。
    システムの都合上販売時差により売り違いが発生し、ご注文いただいてもお送り出来ない場合があります。
    その際は別途ご連絡させていただきます。

  • 定期便は送料無料

  • その他は7,000円以上のご購入で送料無料

    本州・四国・九州は送料800円。北海道・沖縄県は送料1,800円。

    4,000円(税込)以上のご購入で送料半額。

    7,000円(税込)以上のご購入で送料無料。

“水分を抜く”ことによって生まれる新たな色の世界

アトリエに溢れる、何百、何千という色彩。美しい色合いのドライフラワーを生み出すための秘密のこだわりとは?

詳しく読む