ドライフラワーにおすすめ。ふんわりシルエットの初夏の花「スモークツリー」をお部屋に迎えませんか。

初夏に咲く花木、『スモークツリー』。 切り花として飾る他に、ブーケやアレンジメント、そしてドライフラワーとしても人気の高い植物です。 今回は、そんな様々な飾り方を楽しめるスモークツリーについてご紹介します。

『スモークツリー』とは?

スモークツリーはヨーロッパからアジアにかけて分布し、初夏の5~6月頃に開花します。 多くの枝を持つ木で、広い場所では5~7mにまで育つことも。 花期になると、花径3~5㎜程度の小さな花を多数咲かせ、 雌株では花後に花柄が長く伸び、細かい糸状の毛が密生します。 この糸状の毛が、スモークツリーのふわふわと煙のように見える部分にあたります。

名前の由来と花言葉

そのモクモクと煙が立ち上るような特徴的なシルエットから、「スモークツリー」、「ケムリノキ(煙の木)」と呼ばれています。 また、白熊の尻尾の毛を束ねて作られた仏具の払子に似ていることから「ハグマノキ(白熊の木)」という和名もつけられています。 花言葉は、『賑やかな家庭』『煙に巻く』『賢明』『はかない青春』。 贈り物のお花としてもおすすめで、「賑やかな家庭」といった花言葉からは、ウェディングのフラワーアレジメントにも多く使われています。

スモークツリーを使った素敵な飾り方

①フラワーベースに活ける スモークツリーだけをシンプルに活けるのも魅力的です。 枝分かれしているので1本を花瓶に挿すだけでもボリューム良く飾ることが出来ますよ。 ②スワッグ スモークツリーはアレンジのメインとしても、アクセントしても素敵な花材です。 ふんわりとしたシルエットで大人可愛いものや、ドライのスモーキートーンを活かしてモダンでシックなものなど、幅広いテイストでアレンジが可能です。 スモークツリーと紫陽花のスワッグが気になる方ははこちら スモークツリーを天井から吊るし、ナチュラルでシャビ―な雰囲気を持たせながらも華やかに演出しているお店も。 (撮影:Cafe&Diner KAG /倉敷市)

ドライフラワーにおすすめ

そのユニークな姿からドライフラワーとしても人気の高いスモークツリー。 ドライフラワーにするのも非常に簡単です。基本的には逆さに吊るしますが、そのまま立てておくだけでもドライになります。 注意点としては、穂が落ちてしまいやすいため、窓辺などの風が強い所は避けるのが無難です。 もともとボリュームがある花であるため、単品で飾るだけでも魅力的です。 空間を少し大きめに使って飾ると、この花の持ち味がでます。 また、スモークツリーはどんな花材とも相性がピッタリで、様々なアレンジができます。 例えば、スモーキートーンのピンクグレーとルビーのスモークツリーにかすみ草の組み合わせは、 シャビ―に、そして上品にお部屋を彩ってくれます。 スモークツリーのルビーにかすみ草の白が映えますね。 スモークツリーとかすみ草のスワッグが気になる方はこちら ドライにしても主張しすぎないその優しい色合いは、空間に癒しをもたらしてくれる存在です。 スモークツリーはいろいろな色があるため、インテリアに合わせてお好みの色を飾ってみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

コメントは表示される前に承認される必要があります。